保険の節税

保険で節税、年末調整と確定申告

事故や病気で生命保険を使うことがあると思いますが、普段健康な方なら料金の支払いが億劫に感じられることもあるかもしれません。
会社勤めをされている方、ご主人が会社勤めをされている方ならご存知だと思いますが、11月頃に「年末調整」といって、書類をもらって扶養や控除のことについて記入することがあると思います。
扶養家族はもちろん、生命保険は年末調整の対象になるので、年末調整の際に申請すると、その分の税金が戻ってきます。
同じように、火災だと適用外ですが地震保険も節税の対象になります。
東日本大震災で地震保険の重要性を感じた方も多いと思いますが、節税の対象になるので一戸建てをお持ちの方は掛けておいて損はありません。
周知されたことと思いますが、地震で発生した火災で建物が被災した場合、火災保険は適用されません。
なお、自営業の方なら年末調整ではなく確定申告での申請手続きになるので、こちらも手続きを忘れないようにしてください。

保険見直しは節税になる場合があります。

住民税や所得税を含め、納付する税金は年々高くなっています。
世界に類を見ない超高齢化社会がやってくることが確実な日本の財政にとって、こういった流れは仕方がないことかもしれませんが、節税することで普段の生活にその分のお金を少しでも回すことができればと思っている人は多くいると思います。
最近よく目にするのは保険の見直し。
今入っている契約が果たして自分の今の年齢に必要なものなのか、金額は妥当なのかといった相談をしてくれる窓口が、大手量販店やスーパーなどでよく見かけます。
保険は難しいイメージの人も多いと思いますが、掛け捨てではない年金として受け取ることができる積立形式の保険であれば、将来受け取ることができるお金として安心ですし、浪費を抑えるきっかけにもなります。
またこういった保険は、生命保険等と同様、一定の条件を満たすことで年末調整の際にも控除を受けることができ節税にもなります。
契約を一度締結すると惰性で続けてしまう人が多いと思いますが、企業間競争で様々なメリットがある商品が日々出てくるので、見直しをすることが結果節税に繋がることがあることを意識しておくことが重要と言えます。

recommend

宝石の買取を新宿で探すなら
http://hoseki-kaitori.jp/

最終更新日:2017/5/11

Copyright 2015  知っておきたい保険の知識  All Right Reserverd.